先日、魚屋さんで美味しそうなカツオを見たときに、ひと月ほど前にココ
にアップした「カツオのソテー・サラダ風」へのコメントの返事に「今度は
カツオを照り焼きにして丼にしてみようかと」と書いたことを思い出して、
モノは試しと、早速、そのカツオを買ってきて作ってみました。

調理は至極簡単です。
カツオを刺身より少し厚めに切って、軽く塩を振ってからフライパンで両
面をサッと焼き、そこに、薄切りにした生姜と、砂糖、みりん、日本酒、醤
油でやや甘めに作った照り焼きのタレを加えて弱火~中火で少し煮詰
めるように火を入れる。
温かいご飯にゴマと粗みじんに切った甘酢しょうがを加えて混ぜてから
丼に盛って、その上に貝割れと細切りの大葉をのせて、焼き上がったカ
ツオを並べてからフライパンに残ったタレを回しかければ出来上がり。

katsuoteriyakidon20110601c.jpg

いやあ、思った以上に美味しかったです、この照り焼き丼。焼いたカツオ
と、甘辛のタレと、甘酢しょうがを混ぜたご飯の相性がバッチリでした。
ただ、焼いたカツオは味が染み込みにくいので、タレをたっぷりかけた方
が良いかも。次回は焼く前にタレに漬け込んでみるかなあ。
この日のメニューは、

katsuoteriyakidon20110601dd.jpg   katsuoteriyakidon20110601e.jpg
   
枝豆と、大根とあげの味噌汁。
枝豆はまだちょっと小粒だったけどしっかり甘味があって美味しかった。

あとは、豆腐ハンバーグ、揚げ茄子のお浸し、柔らか若布などなどでした。


ところで、先日、今夏の我が家での節電対策・暑さ対策の決め手グッズを
買ってきました。

katsuoteriyakidon20110601xx.jpg   katsuoteriyakidon20110601z.jpg

我が家ではタタミ・マットと呼んでいますが、い草を使ったマットです。
これまで敷いていた夏用のマットは肌触りは良いのだけれど、布製だから
清涼感があるわけではないので、今年の夏を乗り切るにはやはりタタミで
しょう、ということで買ってきました。ひんやりとした肌触りとい草の香りが良
い。でもよく考えたら、この家に引っ越してくるときに一つだけあった和室を
わざわざフローリングの洋間に変えてリビングと一体化させてたんです。
こんなことならあのままにしておけば良かったのかなあ。ちょっと反省!