今回は「石狩なべ」です。

石狩なべというのは、芋煮と同じように地域や家庭によってかなり違うもの
のようで、鮭を入れるのが共通している以外は味噌の種類も具材もマチマチ
なのだとか。
前回ココにアップしたときはテレビで見たものを参考にして、昆布、ほんだし、
煮干し粉、酒を入れた出汁に白味噌と信州味噌を合わせて味を付けたのだ
けれど、今回はこの↓

ishikarinabe20121202a.jpg

キッコーナの「石狩鍋スープ」なるもの(やや濃いめの味噌味でした)を見つ
けて買ってきたので、これを鰹出汁で少し薄めて、そこに酒粕を少々加えて
スープにしました(酒粕が多過ぎると粕汁みたいになりそうだから量を控え
めにして、ダマにならないように出汁でよく溶いてから入れました)。

具材は、鮭切り身、玉ネギ、人参、じゃがいも、キャベツ、ネギ、春菊、薄揚
げ、こんにゃくと「鳥ごぼうつみれ」なるもの(本場北海道では石狩なべに入
れるのが一般的だそうです)。

ishikarinabe20121202c.jpg   ishikarinabe20121202g.jpg

山椒を振って、青ネギとイクラをトッピングして食べました(イクラをのせるの
も北海道では一般的だそうです)。
ミメイがどうしても入れたいと言った酒粕が大正解。味噌だけの味付けでも
もちろん美味しいのだけれど、酒粕が入るとさらに味に深みが出て美味しさ
がグッと増す感じ。飽きのこない味になりました。
今回の締めは味噌味にぴったりの「ほうとう」。
とっても充実した満腹感でありました。
この日のメニューは、

ishikarinabe20121202i.jpg   ishikarinabe20121202k.jpg

きゅうりと竹輪、金時豆。

あとは、カニ身ポン酢、トマトなどなどでした。


ところで、2012年も余すところ2週間。
12月というのはなぜか気忙しくてバタバタと動いてしまうことが多いので、ウ
チでは昨年、大晦日にクタクタになっているのは馬鹿馬鹿しいから大掃除や
片付けは適当にやることにしようと決めました。それでも何やかやと年末なら
ではの用事ができてしまうけれど、今年も努めてのんびりと過ごすつもりでお
ります。
ということで、ココ「夢見食堂」も年内はお休みし、年が明けてから再開させて
頂くことに致します。

ではでは、皆様、どうぞ穏やかで佳い新年をお迎えください。