季節外れのゴーヤをもらった。
自家製でかなり小さめのを三つ。 
ゴーヤカルボナーラ1
だいぶ熟れていたので種が赤い。
これをどうやって食べようかと考えたのだけれど、ミメイがどこかで見つけてきたレシピがあるのを思い出して作ってみることに。
それが「ゴーヤとベーコンのカルボナーラ」。

レシピ(2人分)では、
ひと口大に切ったベーコン(80g)を軽く炒め、半分に切って種を取り薄切りにしたゴーヤ(80g)を入れてパスタの茹で汁を少し加えて炒め、茹でたパスタを入れてから卵黄2個・生クリーム50cc・パルメザンチーズ20gを混ぜ合わせたソースを加えてパスタと絡めれば出来上がり(仕上がりに黒コショウ)。
となっていたのだけれど、ウチではこれにシメジとシイタケを追加し、卵は使わずに生クリームを多め(倍程度)にして顆粒コンソメを少し入れました。
ゴーヤカルボナーラ2  
よく熟れていたゴーヤは、それでも歯応えや苦みがしっかりあって、ベーコンやソースとの相性もバツグン。ゴーヤの旬の季節に絶対もう一度作ってみよう! と思うくらい美味しかったです。

この日のメニューは、
ゴーヤカルボナーラ3ゴーヤカルボナーラ4
スモークサーモンと、サニーレタス、セロリ、きゅうりのサラダ。
あとは、チーズ盛り合わせ、ミネストローネなどなどでした。