なぜか突然、ロールキャベツを入れたポトフを作りたくなって、しかもそれをトマトリゾットに転身させたくなって、やってみちゃいました。
rollcabbagepotof20140817aa
先ずは、ポトフ。
水を張った鍋に玉ネギ、人参、じゃがいもを入れて火にかけ、途中で鳥むね肉、セロリ、ズッキーニを加えて半ば火が入ったら、顆粒コンソメ、白ワインと塩コショウで味付けをしてから、最後に冷凍のロールキャベツを入れてクツクツじっくりと煮込めば出来上がり。さっぱりとしたスープにロールキャベツがよく合って、季節感はさておき(ロールキャベツはやはり冬のものだろうから今はちょっと早いのかも)、これはこれで立派なポトフになりました。美味しかったです。この日のメニューは、
rollcabbagepotof20140817crollcabbagepotof20140817d
ほたてと、ハムときゅうり。
あとは、ちょっと炙ったフランスパン、バナナなどなどでした。

で。次の日、ご飯と「リゾットの素」を加えてトマトリゾットにしようと思ったら、時期のせいか「リゾットの素」がどこの店にもない。仕方がないので、ポトフの残りに缶詰のミネストローネ・スープと水少々とご飯を入れて土鍋で煮込み、塩コショウで味を調整してみました。
rollcabbagepotof20140817erollcabbagepotof20140817f
これが大正解!最初からこのリゾットだけを作れば良かったかと思うくらいに美味しかった。でも、先にポトフとしてじっくり煮込んであったからこその美味しさだったのかも。それにしても、ミネストローネ缶はスグレモノでありました。

ところで、今年は秋が早いと言われているけれど(気温が低いのは確かでも天気が不安定で実感できませんが)、ということは、我々の大好きなキンモクセイが咲き始める(というか、香り始める)のも早いということでしょうか。咲き始めると、毎朝、窓を開けるのが楽しみで、日中も、用がなくても外を歩きたくなる。早く咲いてほしいなあ。でも、早く咲くと早く終わる。う~ん、一本ずつ順番に咲いて1ヶ月くらい保ってくれると良いのになあ。