先日、我が家の大好物である「生利節(カツオ)と厚揚げの煮物」を作ったのだけれど、
namaripasta2017e
こんな↑デカサイズの生利を使ったものだから、
namaripasta2017eee
厚揚げとししとうと一緒に煮たらこんなに大量になってしまって、次の日にも食べ切れずに生利が少し残ってしまった。これをどうしようかと考えた末に思いついたのが、キャベツのパスタと合わせること。
namaripasta2017aaa
ベーコン抜きで作ったキャベツとカットチリのシンプルパスタ(今回は食べやすさを考慮してペンネを使いました。味付けは塩コショウのみ)に、ほぐした生利をのせて、大葉の細切りと冷凍レモンの小口切りをトッピング。
生利とキャベツという変な組み合わせが美味しくなるという確信はまったくなかったのだけれど、この相性が思いのほか良くて、大葉とレモンの効果もあってか、香り良くサッパリと食べられる上質のパスタに仕上がっていました。生クリームを加えてコッテリさせればまったく違う面白いものが出来そうだし、生利も煮るだけじゃないということがわかった次第であります。何でもとりあえずやってみるということですね。

この日のメニューは、
namaripasta2017dnamaripasta2017b
米久の豚ロース金山寺味噌漬けと、新玉とトマトのピクルス。
味噌漬けは、一袋では肉の量がちょっと足りないかと思って、冷凍してあった豚ロースを一時間ほど一緒に漬け込んで焼きました。元々の肉も追加した肉も、どちらも程良い甘みがあって、とても美味しかったです。
あとは、皮をむいたナスとじゃがいもとセロリと卵のスープなどなど。このスープ、白系の具材ばかりの、見た目がちょっと不思議な白っぽいスープでありました。

ところで、今回の生利節の元になるカツオが今年は大不漁で、旬の季節を迎えてピンチなのだとか。刺身の値段は上がるだろうし、生利節もあまり出回らなくなるかも。だからといって、今のうちにと、あんなにデカイのを買って冷凍保存しておくのは大変だし。う~ん、困った。