ふた月ほど前にテレビで、今は亡き料理研究家小林カツ代さんの料理がいくつか紹介されていて、その中の「3分で出来る焼き鳥丼」というのが面白そうだったので、ホントに美味しいのかなあと思いつつ、とりあえずトライしてみました。
yakitoridon2017a
調理があまりにも簡単なので編集者が料理本に載せるのに反対したといわれる「焼き鳥丼」のレシピは、
 丼にご飯を盛り付け、
 買ってきた焼き鳥を串から外して上に乗せ、
 手でちぎった焼き海苔と粉山椒をかければ完成
と、確かに超簡単です。
で、ウチでは、ご飯に貝割れとミョウガの甘酢漬けをのせ、デパ地下の焼き鳥屋とローソンで買ってきた焼き鳥を使い(ローソンの大きな焼き鳥串を何度か見ていて、一度買って食べてみたいと思っていたんです)、焼き鳥の上に紅ショウガをトッピングしました。ここに海苔をちぎってかければ出来上がりです。

食べてみてオドロキ! こんなに簡単な丼なのにバツグンに美味しかった。けっこうな値段でお店で出てきても不思議ではないような一品。やはりスゴイですねえ、カツ代さんのアイディアは。ぜひお試しあれ。

この日のメニューは、
yakitoridon2017bbyakitoridon2017c
またまた出ましたウチの夏の定番、ゴーヤチャンプルー(今回は、ゴーヤ、もやし、ししとう、厚揚げ、卵だけの「肉抜き」でした)とオクラもずく。
あとは、そら豆、味噌汁などなどでした。

ところで、昨年「ギックリ」に見舞われて以降の腰痛のせいで苦労してきたことの一つが、食器の出し入れ。特に、大きくて重いものや、高い所や棚の奥にあるものは腰への負担が大きくて、悩ましい。最近腰自体はかなり楽になってきたのだけれど、まだ万全ではないし、いつまたひどくなるかの不安もあるので、今のうちに食器棚の整理をして、使いやすいように食器の入れ替えをしておこうと思い立ちました。
一番出し入れのしやすい「ゴールデンゾーン(目の高さ辺りの棚の手前側。スーパーやデパートでは最も顧客が見やすく手に取りやすい高さにある陳列区画のことをそう呼ぶらしい)」に、頻繁に使う食器をいつも使う数だけ(ウチの場合はほとんどが2ヶ)集中させて、それ以外を上や下や奥に移し、多分もう使わないだろうと思うものは捨てる、と。
けっこう時間のかかる作業になるだろうと思っていたのだけれど、ミメイと一緒にやり始めたら、サッサカ進んでアッという間に終わってしまった(不燃ゴミがかなり出ましたけど)。その後の食器の出し入れのしやすいこと、しやすいこと。もっと早くやれば良かった。家の中には、ちょっと変えるだけで使いやすくなるのに、不便なままにしてあるものってけっこうあるんですよね。次はどこに手をつけるかなあ(腰と相談してからですけど)。