今回は肉豆腐です。
nikudofu2018anikudofu2018aaa
肉豆腐はウチでもおなじみの料理だと思っていたのだけれど、よく考えてみると、同じ煮物の肉じゃがや芋煮等に比べて作った回数がはるかに少ない。献立を考えるときに思い浮かびにくい地味な料理なんですかねえ。
で、作り方は、今回の具材の薄切りの牛肉、焼豆腐、新玉ねぎ、ネギ、しいたけと長芋をめんつゆとすき焼きのタレでことこと煮込み(アクを取りながら)、最後にししとうといんげんを加えたら出来上がりです。簡単。
nikudofu2018bbbnikudofu2018cc
ヒジョーに美味しかったです、この肉豆腐。全体的に優しい味に仕上がっていて、主役の焼豆腐にもよく味が滲みていました。具材のバリエーションが多そうだし、簡単調理がモットーの我が家の定番になりそうです。
(麩や筍なんてのは追加しても問題なさそうだけど、春菊とかもやしを入れたりすると完全に「すき焼き化」しそうです)
この日のメニューは、
nikudofu2018ddnikudofu2018e
鯛とホタテの刺身と、鯛のゴマ和え。
サクで買ってきた鯛の1/3をホタテと一緒に刺身で食べて、残りをゴマ醤油和えにしました。どちらもとても美味しかったです。
あとは、もずく納豆、新玉やヤングコーンのピクルスなどなどでした。

ところで、5月にココに「サッと入ってサッと明ける。今年はそれでお願いしますよ」と書いた梅雨のこと。
関東甲信地方は、本当にその通りになった(6月6日~6月29日。6月中の梅雨明けは観測史上初めてで、23日間というのは梅雨の期間として過去最短タイらしい)のだけれど、7月に入ってから西日本では経験も想像もしたことのないような豪雨が何日も続き、ほぼ全域に特別警報が出されるという異常事態に。各地に甚大な被害も出ました。何度もココに書いていますが、所構わず襲ってきて年々酷くなるこの自然災害、なんとかならんものでしょうか。