今回は、前回のカレーに続く「3日間コース」のクリームシチュー版。
カレー同様、毎日火を入れれば3日くらいは問題なさそうなのでやってみました。具材は、鳥むね肉、玉ネギ、ジャガイモ、人参、長芋、マッシュルーム、シメジ、スナップえんどうと豆腐です。
creamstew3days2020aaa
鍋に水を張って、玉ネギ、ジャガイモ、人参から始めて順次具材を入れ、全体にほぼ火が通ったらコンソメ・キューブと塩コショウで下味をつけ、最後にシチュールーと豆乳を入れてよく混ぜ合わせれば出来上がり(毎日火を入れると味が濃くなっていくのでこの段階ではやや薄めに味付けしました)。
一口大に切って入れた絹ごし豆腐はあまり形が崩れずに残っていて、美味しいだけでなく他の具材との食感の違いが楽しかったです。
1日目のメニューは、
creamstew3days2020bb
レモン汁たっぷりのマスタード・マヨソースをかけて食べたマグロ赤身のカルパッチョと、
creamstew3days2020ccreamstew3days2020d
魚屋さんで売っていた「くるみ小女子」なるものをトッピングした豆腐とレーズンパンなどなど。

2日目は、ちょっと雰囲気の違うものにしてみようと、先ず、茹でたショートパスタにクリームシチューをかけて、その上に塩コショウをして弱火でじっくりソテーしたトラウトサーモンを載せてみました。
creamstew3days2020e
これはメチャ美味しかった。じっくり焼いたサーモンは魚臭さがまったくなくて、シチューとの相性が良くて、予想外の美味しさでした。
この日の副菜は、
creamstew3days2020fcreamstew3days2020g
クリームチーズと和えてオリーブオリーブオイルと塩コショウで味付けしたトマト(ミメイ考案の白ワインにぴったりの美味しいオードブルでした)と、生ハムとルッコラ。あとは、ブロッコリーや果物缶などなどでした。

3日目は、バターライス(冷凍ご飯をチンしてバターと混ぜて乾燥パセリをトッピング)にかけてシチューライスに。
creamstew3days2020h
ふと思いついて、らっきょうを粗みじん切りにしてバターライスに添えてみたら、なぜかとても美味しかったんです。らっきょうはカレーだけじゃなくてシチューにも合うんですねえ。
で、この日の副菜は少し和食っぽく、
creamstew3days2020icreamstew3days2020ii
ししゃもや長芋もずく納豆などなどを並べてみました。

ところで、シチューは手を加えずにそのまま食べ続けると途中できっと飽きると思ったので、2日目にサーモンやショートパスタと合わせることにしたのだけれど、それが思いのほかインパクトがあって、おかげですんなりと最後のシチューライスに繋ぐことができました。3日間コースにするにはやはりマンネリを避けるバリエーションが大事ということでしょうか。
もしかすると長期化するかもしれない外出自粛。おでん、カレー、シチュー以外に3日間コースにできる料理をいくつか考えておく必要がありそう。何があるかなあ。