外が梅雨寒であろうが猛暑であろうが、今は家に籠もってエアコンの中にいる時間が圧倒的に長いから、カラダが冷える。結局、温かい鍋ものを食べたくなるというわけで、前回に続く鍋料理です。今回は、どうせなら夏らしい鍋にしようとミメイと二人で考えて、ミネストローネ鍋に決定!(どうしてミネストローネ鍋が夏らしいのか自分たちでもよくわかりませんが)
minestronenabe2020aa
具材は、厚切りベーコン、薄切り豚ロース、ソーセージ、キャベツ、セロリ、ズッキーニ、パプリカ、長芋、マイタケとシメジ(上の↑写真の真ん中にあるのはセロリの葉っぱです)。
チキンコンソメのスープに、カットトマト(缶)、塩コショウ、日本酒を入れ、最後にカゴメの「たっぷり野菜のミネストローネ用ソース」を加えて、そこに野菜から順に具材を入れていって、しばらくクツクツ煮込めば出来上がりです。
minestronenabe2020b
酸味と甘味のあるスープが具材とよく合っていて、とても美味しかった。
厚切りベーコンからも良い味が出ていました。何より、トマト系のスープはカラダが温まるので、エアコン冷えには最適です。
翌日は鍋の残りに茹でたショートパスタを入れてみましたが、これまた美味しかったです。

この日のメニューは、
minestronenabe2020cminestronenabe2020dd
ほたてのカルパッチョとスナップえんどう。
minestronenabe2020d
あとは、アメリカンチェリーなどなどでした。

ところで、今年、予定通りに東京オリンピックが開催されていたらどうだったんだろう(2020年7月24日~8月9日)。最後の数日間は夏らしく暑くなりそうだけれど、前半は雨の日がやたら多くて平年より涼しくて、屋外の競技はさほど盛り上がらなかったのだろうか。それとも、そんなこととは関係なしに日本中が熱くフィーバーしていたのだろうか。もしもの話しですが…。
来年の夏が暑いのか涼しいのか、豪雨や台風は大丈夫なのか、今の時点でわかるはずもないけれど、先ずは、オリンピックを開催できる状況になっているのかどうかですねえ。そうあってほしいけれど、どうだろうなあ。